日本食レストランURIBOUの改装プロジェクト

バルセロナの日本食店、URIBOUのイメージアップ内装プロジェクト。

大掛かりな内装工事無しで店内のイメージアップを図りたいという要望に答え、店内のオペレーションを観察した結果を元にバーカウンターの位置の変更、

取付棚の作り直し、照明をLED化するなどをし、店内の印象をシンプル化、雰囲気の向上が出来た。

またバーカウンターをカウンターテーブルにする事により、店外から客が料理を楽しんでいる雰囲気も見えるように改善し、

日本の寿司屋のように直接寿司職人か寿司を食べれる様にした。

壁全体に渡り、手描きの鯉をデジタル処理したオリジナル壁紙を貼る事により奥にあるホールのイメージを一新する事も行った。

手描き作業、スキャニング、デジタル処理の繰り返しでこの壁紙のデザインには三ヶ月の時間を要した。

鯉のテクスチャーは非常に細かく描写されている為、壁の近くからでも、遠くからでも鯉のイメージを楽しめる様になっている。

 

 

  • 2017年
  • インテリアデザイン, グラフィックデザイン
  • プロジェクト: HTDS

 

  /